交渉もお任せ

任意整理は基本的に裁判所を介することはなく、当事者間の話し合いでの和解を目指す方法です。債務整理の手段はほかにもありますが、任意整理はその中でも高い交渉力が求められる手続きです。どのぐらいの借金が減額されるのかは、交渉力次第といっても過言ではありません。弁護士が介入せず、債務者が自力で債権者と交渉する場合、法律や債務整理の知識や交渉力がなければ、債権者側に有利な条件での和解に持っていかれがちです。

交渉これに対し、弁護士に依頼することにより、依頼人である債務者にとって納得がいく形での和解に持っていく交渉をしてくれます。任意整理を含む債務整理の豊富な実績がある法律事務所であれば、そのノウハウを駆使して利息制限法に基づく金利の再計算、借金減額、利息カット、過払い金の返還請求といった、法律や債務整理の知識のない人では困難な手続きをお願いすることができます

弁護士に依頼すると、和解成立後に返済が難しくなった場合も力になってくれます。支払猶予のための交渉をしてくれたり、和解内容の作り直しについて債権者と交渉してくれたりします。それでも返済が困難になれば、自己破産や民事再生のようなほかの債務整理を検討されますが、依頼すれば実現のために動いてくれます。

*参照HP*弁護士法人アディーレ法律事務所