借金整理法の一種

自己破産や個人民事再生と同じく、任意整理は債務整理の一種です。違いは任意整理の場合、基本的に裁判所を介することなく、当事者間で和解に向けた交渉を進める点にあります。任意整理は弁護士をはじめとするプロに相談・依頼するのが一般的です。弁護士に相談・依頼するメリットは別のページにまとめていますが、このページでは任意整理についてもう少し詳しく解説させていただきます。

自己破産任意整理は取引開始時にさかのぼり、利息制限に基づく上限金利に引き下げて再計算を行なうことで、借金を減額し、基本的に利息をカットして、元金だけを3年または5年ほどの分割払いにする内容の和解を債権者とし、その後は当事者間で決めた和解内容どおりの返済を継続し、完済を目指す方法です。引き直し計算で過払い金が生じていれば、その金額を返済にまわすことができます。

自己破産ではなく任意整理を選択するメリットとしては、整理する債権者を選択できる点にあります。自己破産はマイホームやマイカーまで処分することになり、事実上すべてを失うことになりますが、任意整理ではたとえば車は残したいということであれば、車のローン会社は整理の対象に含めず、これまでどおりローンの返済を継続することで、車を失うことを防げるのです。

ただ、自己破産や民事再生と一緒で、任意整理をすると信用情報機関に事故情報が何年にもわたり記載されたままになり、そのせいで新規の借入やクレジットカードの作成が困難になります。しかし、これは借金癖を直すよいきっかけになると、前向きにとらえることもできるでしょう。

次頁・・・取立・返済が止まる